読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ備忘録 ー 西口一希

停止中だったブログですが、引っ越して再開することにしました。

本日4月1日付けで転職しました

3月末をもって、約9年間勤めさせて頂いたロート製薬を退社し、本日4月1日付けで、ロクシタンジャポン株式会社の代表取締役に就任いたしました。

ロート製薬では、素晴らしい9年間を過ごさせて頂きました。去っていく身ではありますが、これまで、一緒に働いて頂いたロート製薬の仲間とビジネスパートナーの皆様に感謝の気持ちで一杯です。

振り返ってみると、肌ラボObagiOXYデオウ、目薬、日焼け止め、リップクリームなど50以上の新ブランド導入やリニューアル、マーケティング戦略、営業戦略を担当させて頂き、またCM製作も100本近く関わらせて頂きました。マーケティングとして、これ以上ないと言えるくらいの数々の貴重な体験をさせて頂きました。

面白そうと感じるアイデアが出れば、あれこれ議論する前に、まず形にして実行してみる。そしてマーケットの反応をリアルタイムで見ながら、必要であれば、素早くプランを変更、時には戦略自体も変えていくといったビジネススタイルは、理屈よりも「現場現実現物』を起点とした「商売の原点」とも言えるものであり、多くを学びました。

前職のP&Gでは、ヴィジョン、戦略を基本に、お客様インサイトを起点とし、データに裏付けされた原理原則/グローバルレベルでのCBA/組織運営/リーダーシップなど、「形式知」化された知見を体系的に学ばさせて頂きました。

このP&Gでの17年で、ビジネスマンとしての基礎を身につけることが出来たかと感じておりましたが、ロート製薬での9年間は、新しい経験の連続でした。

分析に入る前に、面白いと感じるアイデアを起点として、毎日、まさに「現場現実現物」に身を置いて、その相互フィードバックから個人の「暗黙知」を積み上げ、次の実践に移っていく。理屈に縛られる前に、直感を大事にし、素早く形にして、新しい価値提案を行うスタイルは、まさにリアルであり、ライブ感、疾走感があって、非常に刺激的でした。

実際に実行したものの、失敗も多くありますし、後悔もたくさんありますが、こういった多くの実践を経験させて頂いたからこそ、多くの知見、「暗黙知」を得ることが出来たように思います。それらをどれだけ組織内に「形式知」として共有してこれたのか、心もとない部分もありますが、何度も議論を重ねさせて頂いて、今がその時期であると結論しました。
9年間、本当に有難うございました。

本日から担当させて頂くロクシタンは、個人的にも好きなブランドで、これまで新商品開発の際に、何度もベンチマークしてきました。巡り合わせとはいえ、今回、こういった機会を頂けたことに心から感謝しております。製造小売という業種経験はあまりありませんが、これまで私を育てて頂いたロート製薬、P&Gへの感謝の気持ちも込めて、全力を尽くして頑張っていきたいと思います。

f:id:nishiguchikazuki:20150401001814j:plain

www.loccitane.co.jp